販促品の集客効果

販促品の意味について

販促品の意味について 販促品とは、プレゼンテーションやデモンストレーションを行うときに使う広告用の宣伝材料です。
顧客を最終的に購入に結びつけるために行う、広告宣伝の意味を指します。
よく販促品には、企業の名前や商品名などが入ってます。
法品名やお店の名前の入ったポケットティッシュが代表的ですが、それらの販促品には企業名や商品名などが記載されています。
ポケットティッシュに、商品名などを入れる事によって、販促品を使用している本人だけではなく、周りの人の目にも企業名や商品名が触れることになり宣伝効果が高くなります。
投資対効果を考えますと、販促商品を作ることは、販売と広告が同時に行えるために、コスト削減の意味でも効果があります。
特に、ポケットティッシュとかの場合ですと、印刷時にロゴや名前を入れるだけですので、手軽に販促効果を与えることが可能になります。
自然な形で販促効果を与える販促製品は中小企業でも手軽にできるプロモーションとして根強い人気があります。

宣伝効果がある販促品と景品法の規制

企業の名前やロゴが入ったボールペンやメモ帳、タンブラーなどの販促品は、貰えば嬉しいものですが、逆に配る立場になれば、自由にできないことがわかります。
なぜかというと販促品には景品法による規制で、最高額が決まっているからです。
もしも、景品法に違反したら、該当する業者は課徴金を支払わなければいけないので、よく気をつけなければいけません。
例えば、コンビニ等に売られているペットボトルのドリンクで、おまけが付いているものがありますが、景品法では取引価額1000円未満の商品の場合、景品の最高額は200円までとなっています。
では、取引価額1000円以上の商品のおまけでは、どうなっているのかというと取引価額の10分の2までというものです。
他にもショッピングセンターの福引など、状況に応じて景品法で細かい決まりがあります。
ただし、クイズの正解者に景品が当たる、といったオープン懸賞では、限度額がなくなったので、販促品をつくるときに値段を気にする必要はなくなりました。

CONTENTS
新着情報

◎2017/8/16

貰って喜ばれる販促品
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

評判が高かった販促品
の情報を更新しました。

「ノベルティ 集客」
に関連するツイート
Twitter