販促品の集客効果

販促品の日用品は慎重に選ぶ

販促品は、商品や会社のイメージアップのために役立ちます。
ですので日用品で、販売促進しようと考えられますが、日用品の中には、あまり消耗しない物や、多くあっても便利に感じない物などもあります。不要な物を販促品に選んでしまうと、商品や会社自体も不要なイメージが付いてしまう危険性があるので、慎重に選ぶ必要があります。
ショッピングバッグなどを販促品に選ぶ企業は珍しくありませんが、会社のロゴなどを安易に入れてしまうと、 会社のイメージアップ 日常的に使用する事に抵抗を感じられてしまいますし、大きさや機能だけでなく、デザインも微妙に好みが分かれる物なので、万人に受け入れられるとは限りません。
消耗品は少量の物であれば、試しに使う事ができるので抵抗がありませんが、量が大きくなると好みが分かれてしまう危険があります。
販促品は、ターゲットを絞った上で、どのような日用品が好まれるか十分にリサーチする必要がありますし、イメージアップのために必要な事がです。

販促品としての文房具の有用性

販促品としての文房具は効果が高いのものひとつです。
文房具に社名や製品名、またはロゴマークを印字し、販促品として配布します。鉛筆、シャープペンやボールペンは一般人が日常的に使用する文房具です。そのため、配布後も目に見える場所に置かれ利用される可能性が高い製品です。
販促品としてよく利用されるティッシュペーパーは受け取り率が高いのですが、広告部分をあまり見ることなく使い捨てされやすい製品です。それに比べてボールペンをはじめとする文房具は、使用時に広告部分が必ず目に入り込み、記憶に残る可能性が高いものです。何度も社名やロゴマークが目に入ることが出来れば、自然に人の記憶に残り、それらのロゴマークなどに違和感を感じなくなります。
人は商品を購入する場合、他社の同等製品と購入を迷ったときに自分の記憶の中の違和感のないものを選択する可能性が高くなります。なお、ボールペンなどはすぐに使い切らずに長期に使用されるため販促効果が長く続きます。

CONTENTS
新着情報

◎2017/10/26

販促品で商品をアピール の情報を更新しました。

◎2017/8/16

貰って喜ばれる販促品 の情報を更新しました。

◎2017/6/21

評判が高かった販促品 の情報を更新しました。

「ノベルティ 便利」
に関連するツイート
Twitter